2007年03月23日

お米を研いで・・・さんから

質問


夜7時頃、夕飯のためにお米を研いで水につけておいたところで急に出かけることになりご飯を炊来ませんでした。
今現在も水につけてあるのですが、このお米は今日普通に炊いて大丈夫ですか?
このような場合、どのようにするのが一番いいでしょうか。
ご存知の方教えてください。


答え


もう時間も時間ですから、何かしら対応をされたものとして回答します。
今度、そういったことがあったときには、
気付いた時点で密閉容器に移し替えて冷蔵庫に入れてください。
もちろん、水もあるままです。ザルにあげてもいいですが、いざ炊こうとしたときにお米がそれまで吸っている水分を差し引いて水を付け足さないとけないです。それが出来る場合はいいですが・・・。

温度の低い水を使用するとご飯は美味しくなります。
沸点までを長くするということですね。
(だからといって、氷、氷水を入れるのはタブーです。炊きムラが出来てしまいますから)

このことから密閉容器に入れて冷蔵庫に入れておけば、「腐る」「傷み」も防ぐことは出来ます。
ただし、できるだけ早く炊いて食べてください。
(冷蔵庫に入れたからといっても2日以上も放置しないでください。翌日には食べるようにした方がいいです)

私の場合は、冬は水も冷たいので気にしませんが、これからの季節は傷みなども気になりますから、冷蔵庫で浄水を冷やしてご飯を炊くときには使用してます。
posted by おこめたん at 11:26| Comment(39) | TrackBack(3) | 悩み質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お米にカビさんから

質問


今日、気がついたら、お米にカビがはえてました。よく洗い流したらなくなったので炊いて食べましたが、本当は食べない方がいいのでしょうか?お米を捨てる事はなるべくしたくないのですが、やはり食べずに捨てるべきでしょうか?


答え


史上最強の発癌物質であるアフラトキシンの場合、食事中に15ppb(1億分の15;米1000トンの中に15gに相当)含まれている場合、動物実験では70〜80週食べ続けることで100%の肝臓癌発生を確認しています。薬理試験の係数として、ラットの実験では人間の1日分の投与量が3gの薬であればラットへの投与は3g/体重kgとして扱うのが平均的ですから、先の毒性を示す数値は若干緩く考えるものです。とはいっても非常な毒性の強さであることに変わりはありませんが‥

さて、booksさんの場合ですが、数日間の摂取であり、一回に口にされた量はそんなに何kgもあったとは考えられませんから、別の要因が先に考えられますネ。
血液検査では大きな変化が認められなかったということですネ。通常、何等かの病変があったりすると白血球の量は高くなります。また、肝臓に損傷があればGOTやGPTの量が増えますのでわかります。
おそらく他の要因でしょう。『悪いものを食べてしまった』『さっき食べたのは腐っていたのではないか』というような感情は吐気や下痢の原因ともなるものです。
或いは、米にカビが生える状態のところにある他の食品が変質していないとも限りません。
通常の食中毒であれば概ね2〜3日の間に潜伏期間が過ぎてしまいますので、それを乗り切れば大丈夫だと考えてもよいでしょう。
或いは、空腹時に痛みや吐気を感じたりするのであれば、胃に病変が生じかけている可能性もあります‥
とりあえず、この連休の間は胃腸に負担のかからない食事を心掛けて様子を見られるのもよいでしょうネ。
posted by おこめたん at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 悩み質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お米券ってスーパーでも使えるのでしょうか?さんから

質問


お米券をいただいたのですが、スーパーでもレジで支払うことはできるのでしょうか? お米屋さんでないと使えないのでしょうか? 


答え


スーパーによって使えたり、使えなかったり。
お店で聞いてみるのが一番良いです。
私が使ったスーパーでは、お米券で清算する時に、「お米」が何か一つでも入っていればいいですよ。って言われました。
だから一番小さい「もち米」を買いました。
posted by おこめたん at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 悩み質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。