2007年03月11日

稲の栽培について

日本には、田が262万4,000ヘクタ−ル(平成13年)あります。これは耕地面積の54.7 パ−セントにあたります。実際に稲が栽培されている田の面積は、耕地面積の35.6パ−セントです。残りの田は、米が余るようになったので、政府が1970年から米の生産調整を行い、他の作物が栽培されたりしています。
米の生産額は、農産物の総生産の中で、もっとも大きな割合をしめています。日本の農業の中心は米づくりなのです。
posted by おこめたん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 米の一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35744475

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。