2007年03月11日

稲と米について

稲は植物体のイネ科の栽培一年草で、その種子がコメです。植えた稲が成長・成熟すると、子実が結実して、穂からもみになります。もみは収穫期に刈り取られると、脱穀(だっこく)されて、まず、くき葉の「わら」の部分が除かれます。そして、次のもみすり過程で「玄米」と「もみがら」に仕分けされます。この玄米が、精米されて「精米」と「ぬか」に分かれるのです。
「精米」は、精白する度合いによって「胚芽米」「五分づき米」「七分づき米」「白米」などの種類になります。精米までの工程で分かれる「わら」や「もみがら」なども生活に役立つ資源に活用されます。




ご飯・赤飯・粥(かゆ)・餅・寿司・だんご・ちまき・ぼた餅・ビ−フン・せんべい・おかき・おこし・酒・甘酒・玄米茶・みそ・しょうゆ・酢・糊(のり)


ぬか
飼料・発酵(はっこう)材料・肥料・化粧材



もみがら
くだもの箱・枕の充填(じゅうてん)材・薫炭(くんたん)・燃料



わら
飼料・肥料・敷(し)きわら・なわ・むしろ・たわら・たたみ・壁材・屋根材・沓(くつ)・ぞうり・つと・玩具・運搬具・紙・燃料

posted by おこめたん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 米の一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35744648

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。