2007年03月11日

栽培法の違い

◆栽培法(成熟期間の違い


○早生種(わせ) …稲の中で早く開花・結実し、実を付ける品種。


○中手種(なかて) …早稲(わせ)と晩稲(おくて)との中間期に実をつける品種。


○晩生種(おくて) …遅く実をつける品種。



日本では、ジャポニカ・水稲・粳(うるち)米の生産が大半をしめています。たとえば、日本で一番たくさん作られているお米の品種「コシヒカリ」は、ジャポニカ種であり水稲で栽培されている粳(うるち)米です。
posted by おこめたん at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 米の一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。