2007年03月11日

稲の伝来

稲の伝来は、中国の農学者「丁頴(ていえい)」氏の研究によると、東南中国から台湾、琉球(りゅうきゅう)列島を通って、朝鮮海峡圏(ちょうせんかいきょうけん)に入ったものとされています。
そして日本では、伝来した米の栽培が広まると、豊かになり、文化が高まりました。ちょうどそのころ大陸の文化や政治が変わることによって、はみ出した人と物とが日本にやってきました。 米の生産でよゆうのできていた日本は、高度な大陸文化が入ってきても、それを受け入れることができ、そして弥生(やよい)文化が花開いたのです。
posted by おこめたん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 米の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35745066

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。