2007年03月12日

コシヒカリBLとは

コシヒカリBLとは、いもち病に抵抗性を持つように改良されたコシヒカリ。BLとは、いもち病抵抗性系統の意味であるBlast resistance Lines(ブラスト・レジスタンス・ラインズ)の略。コシヒカリ新潟BL1号〜12号の12品種がある。2005年(平成17年)から新潟県で作付けされるコシヒカリのほとんどが、コシヒカリBLである。

コシヒカリはいもち病に弱いため、新潟県が15年をかけていもち病に強い品種として開発。コシヒカリといもち病に強い品種を交配し、その子孫にもコシヒカリを繰り返して交配(連続戻し交配)した。その過程で、いもち病抵抗性以外の性質がコシヒカリとほぼ同等ものを選び出し、コシヒカリBLを育成した。いもち病に強いことから農薬散布量を減らすことができるため、環境への影響が少ない栽培ができる。厳密には、病気に対する遺伝子などが異なるので、本来のコシヒカリとは別の品種である。
posted by おこめたん at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コシヒカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35766415

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。