2007年03月13日

あきたこまちの品種特性

1975年に福井県農業試験場でコシヒカリと奥羽292号を掛け合わせて作られたF1(雑種一代)品種をもとに開発が行われた。1982年、秋田県農業試験場によって「秋田31号」として誕生した。当時一番人気の品種だったコシヒカリやササニシキよりも、安価で食味の良い品種を目指したものである。

【関連する記事】
posted by おこめたん at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | あきたこまち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35845302

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。