2007年03月15日

黄変米の原因真菌

ペニシリウム・シトレオビライデ(Penicillium citreo-viride、シトレオビリデと表記される事もある、当初はペニシリウム・トキシカリウムと名付けられていた)
毒素としてシトレオビリジンという神経毒を生成し、呼吸困難・痙攣を引き起こす。
ペニシリウム・シトリヌム(Penicillium citrinum、シトリナムと表記される事もある)
毒素としてシトリニンを生成し、腎機能障害・腎臓癌を引き起こす。
ペニシリウム・イスランディクム(Penicillium islandicum、イスランジウム、イスランジクム、イスランジカムと表記される事もある)
毒素としてシクロクロロチン(イスランジトキシン)、ルテオスカイリン、を生成し、肝機能障害・肝硬変・肝臓癌を引き起こす。
以上の3種が黄変米の原因となる主要なカビである。この他にも黄変米には必ずしも直結しないが、マイコトキシンを生成するペニシリウム属のカビとして以下の物が知られている。

ペニシリウム・イクパンザム(Penicillium expansum)
ペニシリウム・シクロピウム(Penicillium cyclopium)
ペニシリウム・パツルム(Penicillium patulum)
ペニシリウム・ルグローザム(Penicillium rugulosum)
ペニシリウム・ビリディカータム(Penicillium viridicatum)
posted by おこめたん at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お米に関する用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36032943

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。